海外駐在員マネ太の家計・資産管理

海外駐在員であるマネ太が結婚を機に家計・資産管理を備忘録として公開。

海外駐在員マネ太の家計・資産管理

【家計簿】制定!我が家の家計管理ルール

f:id:mficam0303:20210419170449p:plain

 

こんにちは。マネ太です。

 

今回は我が家の家計管理ルールを制定しましたので公布したいと思います。

主に帰任後のルールになりますが、現時点でも出来るコトは実行していきます。

 

僕は家計管理は非常に大切だと考えてます。なぜなら、ルール化する事でそのルールに従って悩むことなく管理が出来ると考えているからです。これは決め事ですのでとりあえず決めちゃえばいいんです( `ー´)ノ修正はあとからいくらでも出来る!

 

ルールについて説明していきますので読者の皆様の参考になれば幸いです。

 

 

 おおまかな項目を設定

 

 

みなさんも自身のお金は項目別に仕分けしたりしているかもしれません。大きな括りでは”生活費”や”貯蓄”などですかね。僕も今回設定しました。

”生活費”はその名の通りで、まずは固定費・変動費含め、生活費を把握する事が重要です。

 

”生活予備費”は生活費では賄いきれない大型出費があった場合に、こちらから捻出します。例えば大型家電、保険料年払い費用等

 

生活防衛資金”と言うのは、身に何か不測の事態(リストラや事故・病気での長期入院等)が起きてしまい、収入が途絶えてしまった時に活用する資金となってます。

一般的には『生活費×6~12ヶ月分』と言われております。

 

”投資資金”は生活費、生活予備費生活防衛資金を確保さえしてしまえば、残った金額全てを投資資金に充てる事が可能となります。これから投資を始めようと考えている人は生活予備費と防衛資金を作る事からスタートしましょう。確保後に投資を始めれば、気持ちの面でかなり楽になります。なぜなら、元本が目減りしても生活に支障をきたす可能性が低いからです。

 

では、いくら準備すればいいのか?これも決め事ですので自身で決めちゃいましょう。ちにみに僕は以下のように決めました。

 

項目毎の金額を設定

 先程、設定した項目について、僕自身の生活環境に鑑み金額を設定すると以下のような金額になります。

 

”生活費”・・・・・・15万円

”生活予備費”・・・・30万円(生活費×2か月分)

生活防衛資金”・・100万円 (生活費×6ヶ月分+α)

 

f:id:mficam0303:20210412195918j:plain

 

生活費については毎月、家計簿で収支管理をしておりますのでそこから算出しました。

僕は自身で作成したExcel家計簿をつけておりますので、良ければこちらも参考にしてください。

 

mimiema0303.com

 

 資金運用ルール

 では、次に各資金の運用ルールについてお話します。

 

  • 給与口座=生活費口座と決める(各種引き落しもこちらから)
  • 生活予備費は給与口座と別口座に保管
  • 生活予備費を使用後の不足分については、翌月以降の生活費から捻出
  • 生活防衛資金は生活予備費と同一口座で管理※但し、50万円のみ
  • 生活防衛資金の残り50万円は流動性のある資金運用に活用
  • 生活費が余った場合は3ヵ月程度は生活費口座に保管し、自身のタイミングで投資用口座へ回す
  • 投資用口座は別管理

 

ルールは以上になります。これで運用出来れば投資資金への捻出もより多く出来ると考えておりますので、ルール運用をしていき、改善点が出てきたら都度、変更しながらブラッシュアップを図っていきたいと思います。

 

運用後、何か変化があれば報告していきたいと思います。

 

マネ太