海外駐在員マネ太の家計・資産管理

海外駐在員であるマネ太が結婚を機に家計・資産管理を備忘録として公開。

海外駐在員マネ太の家計・資産管理

【海外駐在生活】英語が喋れない自分が試した3つの勉強法

皆様、お元気でしょうか。マネ太です。

今回はタイトル通りですが「英語が喋れない自分が試した勉強法」について記事にしたいと思います。

まず、私は海外駐在員として約2年近く仕事をしていますがお恥ずかしい話、英語が一切喋れませんでした・・・今だって伝えたい事を確実に伝えられないもどかしさと葛藤しております。

 

じゃあ、なぜ駐在員としてあなたが選ばれたの?と言う疑問が出てくると思いますが主な理由は3つ。

 

1.人材不足問題

2.異国の地で生きていけるのは誰か問題

3.自身が希望した

 

親会社は人材不足かつ英語を喋れる人間が皆無だった事から「喋れなくてもいいから異国の地で生活&業務が出来るのは誰か」という観点でピックアップしたと思います。また、自分自身も駐在員としての業務を希望した事もあり、白羽の矢がたったと思っています。

 

ちなみに、私がどのくらい英語が出来なかったかと言うと親会社が赴任準備の一環でビジネス英会話教室に通わせてくれました。その初回授業でクラス分けテストがあったのですが見事に10クラス中最下位クラスに認定された程です。

多分、中学英語も出来てないよね君。レベルかと・・・

 

 

まぁ、当然ながら赴任後もローカルスタッフとのコミュニケーションに苦労しました。

・相手が何を言っているのか分からない

・自分が説明したい事も伝えられない

「これはマズイ…完全に業務に支障をきたす」と感じました(;_;)/~~~

そんな流れで英会話学習に励んだ次第です。

 

前置きが長くなりましたが、ここからが本題となります。

どうやって英会話学習に取り組んだか?

1.英語アプリ「Duolingo」の活用

2.スタディサプリENGLISHの活用

3.伝わらなくてもロカールスタッフとの英語コミュニケーション

 

1つずつ説明していきたいと思います。

英語アプリ「Duolingo」は赴任当時に先輩社員が勉強に使用していておススメされた事がきっかけです。

【ポイント】

・小中学校で習った基本英語がテーマ別に網羅

・1回3分程度

・無料版、有料版があり自身で選択可能

・英語以外にも多くの言語を学習可能

・友達をフォローし、切磋琢磨

 

このアプリを活用し、昔学習した記憶を蘇らせる事が出来ました!!

 

次はスタディサプリENGLISHの活用です。

これは「Duolingo」で勉強し始めて数か月経ったタイミングでテレビCMを見て、入会を決めました。

【ポイント】

・1回最短3分からで通勤時間や就寝前などのスキマ時間で学習可能

・ストーリーになっているので流れに沿って勉強可能

スマホ・PCですべてに対応

・ディクテーションや発話トレーニングなども勉強可能

・海外旅行で実際に使える「キーフレーズ」が多くて助かった

・日常会話で使える「とっさの一言2400フレーズ」も多数

 

正直、年会費がかかるものですので契約するか悩んだ時間もありましたが、7日間無料でお試し可能 という事だったので試しに挑戦する事にしてみました。

継続して勉強していましたが、「Duolingo」とは違い文法だけではなく、キーフレーズやリスニングも同時に勉強できた事がとても良かったです。また、ストーリーも海外に旅行や留学に行ったら”あるある”な内容ばかりなのでそこも興味深かったです。

 ↓↓↓こちらから

 スタディサプリEnglish 先得キャンペーン

私が入会した時もキャンペーンをやってましたが、現在もキャンペーンをやっているみたいなので興味があれば是非、挑戦してみるのもいいと思います!

 

最後に自分の中で一番大事だった事になります。

とにかくローカルスタッフと英語でコミュニケーションをとること!!

 

「Duolingo」や「スタディサプリENGLISH」で学んだキーフレーズ等を次の日やその日に使ってみる事です。伝わらなくてもいいから使ってみる。

勉強ばかりしてインプットが出来ても、アウトプットする機会がないと意味ないですもんね。相手が日本人でもいいと思います。友達でもOKだし、家族でもOK。私自身もとにかくアウトプットする事を心掛けていました!

私自身もまだまだ勉強の身ではありますが、「継続は力なり」をモットーの頑張っていきたいと思います。

 

 

たいした内容ではなかったかもしれませんが是非、この記事を読んで「英会話頑張ろう!!」と思って頂ければ幸いです。

マネ太