海外駐在員マネ太の家計・資産管理

海外駐在員であるマネ太が結婚を機に家計・資産管理を備忘録として公開。

海外駐在員マネ太の家計・資産管理

【家計簿】最初にする事は収支の把握

おはようございます。

今日は土曜日の為、休日。

ウチの会社は昨年までは毎週土曜日は午前中のみ業務(いわゆる半ドン)でしたが、今年から土曜日も休みになり完全週休2日制に移行。

これは切実に嬉しかった(*´ω`*)

やっぱり半ドンがあると休日出来る事も限られてくるし、疲れも取れないし、業務的にも生産性高くないと個人的には思います。


さて、話は変わりまして

家計管理するには収支の把握は必須です。

今回は収入の部分について、確認したいと思います。恥ずかしながら今まで給与明細ってほぼ見た事なかったんですよ。。

ヒラリーマンは基本的に給与が大きく変動する事もない(控除される部分は除く)ですし、特にウチの会社の場合は残業手当が固定だから余計ね。


なので、久しぶりに給与明細を確認。


【2月】

支給額:¥592,761

控除額:¥71,834

手取り:¥520,927


手取りで約52万円となっておりました。

同年代のヒラリーマンと比較すれば高い手取りとなっておりますが、当然カラクリがあります。

支給額の中には海外勤務手当が含まれておりますので、この影響が非常に大きい!

海外勤務手当については別の機会に説明するとして、金額では¥286,000が給与に含まれております。ありがたいです!


そしてウチの会社では、手取り額の50%を駐在先の現地口座、残り50%が日本の口座に振り込まれる流れになってます。

現地口座への支給額は為替変動が多分に影響しますので、その時のレート次第ですね。


こんな感じで収入の部分については確認する事が出来ました。

昇給がない限り、大きな変動はないと見込んでおります。


【雑記】

今後の家計管理の方向性について、色々考えております。管理方法やら日本口座の収支管理と現地口座の収支管理を二重でやる必要があるのかどうか、そこらへんも含めて検討していきます。

家計簿はアプリにするか手作りにするか。。悩みどころですね。